障がい児のための医療マッサージ プラナ治療院 埼玉初!協会認定院
患者様限定!施術見学会 24時間受付!メール問合せ

「ホームページを見た」とお伝えください

お問合せ・ご予約はこちら 048-678-3639

【受付】9時〜18時(火・日定休)

年: 2022年

一般社団法人小児障がい児支援協会 養成講座を受講しました。

4月・5月にて4回の養成講座が開催しました。
当院の先生たちは全員受講者です。
しっかり専門知識を身につけてからの小児の施術にあたります。
これがプラナが患者さんのママ達から信頼を得ている理由の一つです。

今回はプラナ治療院から3名が参加しました。

障がいを持っている小さな患者さんたちは脳性麻痺・脳室周囲白質軟化症・ダウン症が多いです。
他にも初めて耳にする病名のお子さんたちもいます。
 
でも、どんな病名でも子供たちは日一日と成長していきます。
成長とともに骨は大きくなりますが、筋肉は硬くなり・・・・側弯になる事が心配ですね。
なかなか踵がつかない子・・・踵が尖ってしまう尖足に、だから踵があることを刺激して教えていきます。

緊張が入らない子には緊張を入れる手技を、
緊張が入ってしまう子には緩めてあげる手技を
その子その子によっていろいろなパターンの手技で施術していきます。

大人へのマッサージと違って小さな子供たちは筋肉自体が違うから、マッサージは同じではない。
揉んだり、強く押したり、こねたりはしてはいけない!!

今回もたくさんの知識を習得してきました。これからも頑張ます!!

ほーむケア指導 好評です。 

皮膚に触れることは『脳』にふれること(ダーウィン)
おなかの中に忘れてきてしまった体の場所を教えてあげましょう。
   「これは手だよー」 「ここはかかとだよぉー」

マッサージ施術は私たちに任せてください。私たちは「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持っています。
ほーむケアは、ママが毎日お子さんの皮膚に触れることで、脳に「ここに身体あるんだよう!!」と教えてあげていきます。

プラナの患者さんたちには個別にケアの指導をしています。
ママが毎日お子さんにケアをしてあげていることで、私たちが行っているマッサージにも相乗効果が顕われています。

何かしてあげたいというママ・パパ・おばあちゃん・おじいちゃんにお伝えしています。ご希望の方はご連絡ください。
ほーむケアテキスト

あけましておめでとうございます🎍

令和4年 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年はプラナ治療院が加入しております、一般社団法人日本小児障がい児支援協会の定例会を通してのオリジナルオイルの勉強会やプラナ治療院主催でスキルアップ講座開催等
たくさん勉強しました。
今年は子供たちの身体の土台作りを基本に、マッサージやハリを通して目標に近づけるように頑張ります。
素敵な1年となりますように!!💗

さいたま市緑区 氷川女體神社にたくさんの参拝する人々がお参りしていました。

お参りをして、境内のご神木に・・・・くま? トラに見るには無理がある・・・・?

氷川女體神社境内の木 よ~く見るとくまの顔?

見沼用水路ではかるがもが気持ちよく泳いでいました。