障がい児のための医療マッサージ プラナ治療院 埼玉初!協会認定院
患者様限定!施術見学会 24時間受付!メール問合せ

「ホームページを見た」とお伝えください

お問合せ・ご予約はこちら 048-678-3639

【受付】9時〜18時(火・日定休)

スタッフ紹介


代表 新藤 礼子

資格・略歴

  • 平成19年:ネイチャー・ヒーリング・アカデミー認定の「フットセラピスト(台湾式若石法)」「ショウダナテラピスト(アーユルヴェーダ)」資格を取得
  • 平成19年:フットケアサロン「プラーナピュアン」開業
  • 平成20年:インストラクター資格を取得
  • 平成23年:医師であり鍼灸師としても20年以上の経歴を持つ先生と、訪問鍼灸・マッサージを中心とした事業を開始
  • 平成25年:「プラナ治療院」として独立開業

運命の糸に導かれて!

Q.なぜ障がい児向けの訪問マッサージを始められたのですか?

ある時たまたまうちのスタッフが伺った施設が、子どもたち向けの居宅だったんです。代表の方にお電話をしたら、「実は以前からPTやOT、鍼灸マッサージ師に、子どもたちの自宅に訪問して施術をして欲しいとお願いをしていたけれど、誰も来てくれなかった。こんなにしっかり話を聞いてくれたのは新藤さんが初めてだった」と結局30分以上も話し込んでしまいました。それで、「私たちでお役に立てるのなら!」と思って勉強し始めたのがそもそものきっかけです。

とは言え、調べれば調べるほど「障がい児の治療は普通の治療とは全然違う」ということが分かったので、「これは専門の先生から直接学ばないといけないな」と痛感したんです。それで色々調べていたら日本小児障がいマッサージ普及協会さんを見つけてすぐに門を叩いたんです。

そして協会で学び、埼玉初の認定治療院としてスタートしようとしたら、そのタイミングで今度は偶然中澤先生がうちに入ってきてくれたんです。実は最初は、女性だし鍼灸マッサージ師のベテランだし、ということで採用させて頂いたんですが、あとで履歴書を見たらあまりにすごい経歴だったので、ゾクゾクって寒気がするぐらいビックリしました!まさに私たちが今から始める小児障がい事業の適任者だったんです。

ですので、「これは神様がやりなさいって言ってるのかな」って。あまりに偶然に偶然が重なって全部繋がってきてるものですから。プラナ治療院を始めた時もそうでしたけど、運命の糸に引っ張られているような感じで小児の方も始まったんです。

いつでも何でも相談してー!手を広げて待ってるから!!

Q.今度はどういった展開をされていきたいですか?

実は今まで私は、主婦向けにメンタル(心のコントロール)の勉強会もやっていたんです。心がしょんぼり弱っているお母さんたちの元気を膨らませて、帰りにはやる気になって帰ってもらうんですね。お医者さんじゃそういったところまでなかなかケアできないので、逆に私がそこをサポートしてあげたいなぁって。

色々活動しはじめて思うのは、閉鎖的なところが多いなぁって。そのせいで孤立して悩んでいるお母さんたちも多いだろうなぁって。だから、そういったお母さんたちが本来の明るさを取り戻すお手伝いをしていきたいんです。私たちが一つの突破口を作っていきたいんです。

「いつでも何でも相談して~って。手を広げて待ってるからって。」

きっとそういう場所を探しているお母さんって多いと思うんです。このホームページを作ったのもそのためですし、今後は気軽に集まれるイベントもやっていきたい。将来的には子どもたちのためのスクールみたいのも作っていきたいんです。だからまだまだボケてなんていられません!

施術者 中澤 昌子

資格・略歴

  • はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師(いずれも国家資格)
  • 作業療法士[OT](国家資格)
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)
  • 住宅改善士(高齢者や障がい者の住環境改善アドバイザー)
  • 健康予防管理専門士
  • 認知症ケア専門士
  • 障害者自立支援法の審査員
  • 早稲田医療技術専門学校非常勤講師(機能評価)
  • 介護資格の初任者研修、実務者研修の講師(福祉用具、住宅改修)

自分が身体を壊したのをきっかけに、医療の道を志す。22歳でOTの資格を取得し、当時「東洋随一」と言われた小田原、七沢にある病院のリハビリセンターを皮切りに、40年近くリハビリ関係の仕事に従事。リハビリ施設の開設(成田)、脳性麻痺の方の生活実習場での訓練(豊島区)、通所介護施設、大宮共立病院での人材育成(係長)などを経験。親の介護のために非常勤になり、脳卒中や中枢神経系の疾患の多い急性期の病院や有料老人ホーム、精神科の作業場(施設長)に勤務。

もともと興味のあった東洋医学的なアプローチを使えば、もっと早く症状を楽にしてあげられるかもしれないと思い、一念発起して鍼灸マッサージ師の国家資格を取得。知人からプラナ治療院を紹介してもらい、「ちょうど小児も始める」という話だったので、これまでの経験や知識、OTの資格も活かせると思い従事することに。

様々なアプローチで、子どもたちの可能性を広げたい!

Q.中澤先生の施術の特長、他との違いは何ですか?

これまで私は成人の脳性麻痺を専門的にみてきました。たしかに子どもと大人では違う面も多々ありますが、脳性麻痺という疾患自体は共通しているため、活かせる部分もあります。ですから、協会で習ったGLITTER式マッサージ®や鍼治療をベースに、さらにOTならではのアプローチも併用して、より一層発達を促していけたらと考えています。

マッサージで緊張を緩めたり脳内マップを作ったりしながら、経絡やツボへの鍼治療で脳にダイレクトに刺激を入れたり、音や光の刺激を用いた感覚統合療法などで脳の混乱を鎮めたり、自律神経を整えてリラクゼーション効果を高めたり…。これまでの経験やノウハウの集大成として、子どもたちの可能性を少しでも広げてあげられたら、と思っています。

施術者 配嶋 幹雄

資格・略歴

  • はり師、きゅう師(国家資格)
  • あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
  • 幹鍼灸院院長(浦和駅)
  • 埼玉県立浦和西高等学校、早稲田大学教育学部、東京医療福祉専門学校卒業
  • 約30年勤務した日本ヒューレット・パッカード社を退職後、鍼灸あん摩マッサージの3種の国家資格を取得
  • 免許取得後も解剖学的アプローチを重視する「日本伝統医学研修センター」にて研修を積む

メッセージ

近年欧米を中心に、現代西洋医学の限界を補う医療として、鍼灸やマッサージを始めとした東洋医学(伝統医学)に注目が集まっています。東洋医学は「非科学的」と考えられていた時代もありましたが、今では解剖学や生理学、脳神経学によってもその有効性が証明され始めています。

こうした実情を踏まえ、脳性麻痺や染色体異常といったまだ現代医学では治療困難な分野において、是非私たちの力を生かしていければと考えています。

施術者 嶋崎 典香(フミカ)

資格・略歴

  • はり師、きゅう師(国家資格)
  • あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
  • ホームヘルパー2級
  • 行動援護従事者養成研修修了

メッセージ

専門学校の在学中より「在宅」の分野に関心を持って仕事をしてきました。その中で、脳性麻痺や先天性の筋疾患の患者さん方に出会い、障がいをお持ちの方にどのように施術が出来るか、日々勉強しながら、一緒に成長していきたいと思います。

(写真:セラピストセミナー認定式 日本小児障がいマッサージ普及協会会長 青山先生と)